銀行のカードローンは銀行残高不足対策に

  • 投稿日:
  • by

数年前の話ですが、家族旅行や結婚式の祝儀等が重なり、クレジットカードの支払い日に必要な現金が用意できないという事がありました。

貯金を数万円崩せば、何とか遣り繰りできる状況ではありましたが、数万円の為に定期貯金を解約するのは、何だが勿体ない気がしました。

それに1度定期貯金を解約してしまうと実際に必要な金額以外のお金も全て使ってしまうような予感が自分自身にあった為、通帳にカードローン10万円と印字してある事を思い出し使ってみる事に決めました。

いざ使ってみると借金という感覚はなく自分の口座からお金を引き出したという方が感覚的には近かったと思います。

やはり、消費者金融系のカードローンではなく銀行のカードローンだったと言う事もあり、何か安心感もありました。

しかし、1度少額でもお金を借りてしまうと中々それから抜け出すのが難しくなるという面もありましす。結局は、ボーナスが入ってくるまでは、毎月1万円を返済して約7千円位、また借りるというのが続きました。それからは、毎月の給料で毎月の生活を

する事を徹底しています。やはり、銀行であろうと家族、親戚であろうと借金はどこまでいっても借金ですからね。